スポーツ

辛い日々を乗り越えて。プロスケートボーダーになることが夢の”そうたさん”にインタビュー

プロスケートボーダーになることが夢のそうたさんにインタビューしました。

そうたさんは現在、カナダに留学中です。

過去には辛い日々をすごした時期もあったのですが、現在では乗り越えられて日々スケートボードの練習をする日々です。

ではインタビューをどうぞ。

そうたさんに夢・目標についてインタビュー

1.自己紹介から

トシーゾ
トシーゾ
ブログ読者向けに自己紹介をお願いします。
そうたさん
そうたさん
どうも、スケートボーダーのそうたです。

僕は今19歳で今年の5月から10月の末までカナダでスケートボードの練習をしています。

トシーゾ
トシーゾ
そうたさんの夢を教えてください。
そうたさん
そうたさん
僕の夢はプロスケートボーダーです!

僕は高校3年生のはじめに軽いパニック障害と躁鬱を発症してしまってついに学校にも行けなくなってしまって毎日「死にたい」と言ってる日々を家で過ごしてました…。

そしてきっかけは、
僕が中学1年生くらいの時にAmazonで頼んだ偽物のPennyがあって久しぶりに乗ってみたら、とても楽しくて、今度ボードと一緒にジャンプしたいなと思ってしたらすぐに出来てしまって、2回目やろうと思っても全く出来なくて気づいたら朝から晩まで家の庭の芝生の上でひたすら練習してました。

1週間くらい経ってストリートリーグスケートボードという大会をYouTubeで見て知り、中には30歳くらいの人もいて、「今から初めても遅くないかも」 と思い、そっからがむしゃらで毎日ひたすら練習して今に至ります(笑)

ちょうど一年前ですかね。

トシーゾ
トシーゾ
辛かった日々をスケボーが救ってくれたんですね。
夢中になるものを見つけられたのは素晴らしいことです。

スケボーを本格的に始めた当初はどのように練習していたのでしょうか?

そうたさん
そうたさん
YouTubeで学んで田んぼの道路でやってました!最初の頃は止まった状態で練習してましたね(笑)

そうたさんがスケーボーを始めて11日目の様子

トシーゾ
トシーゾ
(動画をみて)スケボー始めて11日目でもう、こんなことができるようになるなんてスゴイです!

よほど熱心に練習されてたんでしょうね。

かなりのめり込んだようですが、このころはどういう想いで練習されてたのでしょうか?

そうたさん
そうたさん
自分を変える良い機会だったので2ヶ月くらい学校(調理科の全日制)を休んでプロスケーターになってやるって思ってひたすら練習してましたね。

怪我も沢山しましたが、不可能を可能に変えることが出来たのがとても嬉しくてスケボーやってたら「自分って何でもできるんだ」って思えるようになってきて、初めて自分に自信を持てるようになってきました。
それと同時に精神状態も安定してきました。

 

トシーゾ
トシーゾ
スケボーで自信も持てるようになったんですね。
人生においてそういうものとはなかなか出会えないですから本当に良いものを見つけられたんだと思います。

その後、学校に復帰されたと思うのですが、学校はどうでしたか?

そうたさん
そうたさん
朝おきてからが本当に辛くて最初は10時くらいに保健室登校してましたね。

それからいつもいた教室へと移ったのですが、なかなか落ち着かず保健室に行って早退など結構頻繁にしてました。

でも親に卒業だけはして欲しいって言われたので病院へ連れてってくれたり色々してくれたので裏切りたくなかったから必死に耐えてました。

2.現在のカナダでの生活について

トシーゾ
トシーゾ
かなり大変な日々でしたね。
そこを頑張れたのはスケートボードがあったからでしょうか。
卒業から程なくしてしてカナダに渡られたと思うのですが、なぜカナダに行こうと思われたのでしょうか?
そうたさん
そうたさん
スケートボード発祥の地でもあるし僕の好きなスケーターの1人がカナダ出身だからというのもあり、アメリカよりお金が掛からなくて治安も良いと調べて分かったので高校2年生の終わりに留学会社に通って場所とか語学学校とか決めてましたね。

 

トシーゾ
トシーゾ
スケートボード発祥の地はカナダだったんですね。

留学でカナダに行かれてるとのことですので現在は学校に通われてるのでしょうか?

そうたさん
そうたさん
そうですねバンクーバーはストリートスケートボードの発祥の地です。

ダウンタウンにある学校に通ってます、最近ようやく英語が聴けるようになってきましたがまだしっかり話すことは出来ませんがみんな優しくて楽しいですよ!

トシーゾ
トシーゾ
学校生活も楽しめているようで何よりです。
留学先の地域は住み心地はどうですか?
そうたさん
そうたさん
日本と変わらず過ごしやすいです!
初めての海外がカナダなのでその他の国とは比べられませんけどね(笑)
トシーゾ
トシーゾ
カナダ生活を楽しめてそうですね。
カナダでスケートボードの練習はどのように行っていますか?
そうたさん
そうたさん
自分の技をひたすら繋げている練習をしています後は新しい技ができると確信した時はひたすら攻めて頑張ってます。

でも骨折とかしたらお金とかかかるので怪我は擦り傷とかだけにしたいなと思い、転んだ時の受け身もしっかり取り、なんとか擦り傷ですませています。

トシーゾ
トシーゾ
海外で病院行くと治療費とかも大変ですものね。

今挑戦中の技はありますか?

そうたさん
そうたさん
挑戦中の技は無くて、今はただ修得したての技をひたすらやって成功率を上げることに専念しています。

その技達は最近修得しまして、バックサイドノーズグラインド、360フリップ、バックサイドフリップ、フロントノーズスライド、フロントリップスライドなどです。

これらを全て成功率を上げる事が今の目標でもあります。

トシーゾ
トシーゾ
どれも難しそう!今は完成度を上げているのですね。

カナダではスケーターの友人や知り合いはできましでしょうか?

そうたさん
そうたさん
そこまで深くは関わりないですが数人カナダ人の方とその場で会ったら喋ったりしてます。

僕は英語が全然話せないので言語の練習の場としても良い勉強になっています笑

3.元気な子供のようなプロスケートボーダーを目指して

トシーゾ
トシーゾ
英語の学習にもなっているのは良いですね。

夢はプロスケートボーダーとの事でしたがどのようなプロスケートボーダーになりたいですか?

そうたさん
そうたさん
元気な子供のようなプロスケートボーダーになりたいです。
1回取り戻した元気をそのまま何年、何十年も続けていきたいです!

必ずなります!

トシーゾ
トシーゾ
シンプルですが力強いですね!
自分を信じてやって夢を成し遂げてほしいです。

では最後にブログ読者に向けてメッセージをお願いします。

そうたさん
そうたさん
トシーゾさん今回取材してくださりありがとうございました!

僕はみんなとは違う高校生活を送ってきて、18歳からスケートボードのプロになると決めて周りには笑われたりもしたし、普通に考えたら無理だと思います。

それでもこの道が間違ってなかったとこれが自分の道だというのを証明できるように頑張っていくので見てくれてる人いましたら応援してくれると嬉しいです!

今もこれからも自分の夢に向かって追い続けていくのでよろしくお願いします!

インタビュー後の感想

以上、そうたさんでした。

高校生時代に辛い時期をすごし、その後スケートボードにはまり元気を出すことができたとのことでしたが、そういう「出会い」ってあるもんなんですね。

引きこもっていた人がカナダまで行っちゃうわけですから。

そして彼のスキルについてですが、インタビュー中の動画を見るかぎりだと始めてから11日目であそこまでできるのって相当スゴイんじゃないですか?

たぶん相当練習してますよね。

彼に「のめり込む才能」が相当あるのは間違いないと思います。

こういうタイプは伸びますよー。

で、そうたさんの現在のスキルがわかる最近の動画がこちら。

結構良い感じなんじゃないでしょうか。

スケートボードを本格的に始めてからまだそんなに経ってないですよ。

それでここまでできるわけですから。

これまでの練習の成果が伺えます。

あと2~3年もしたらかなり良い感じになってるんじゃないですかね。

 

そして、そうたさんの現在のtwitterのプロフィール画像がこちらなんですが、、、

「夢を、あきらめるな。」です。このブログの内容にドンピシャですね!

これ、堂々と言える人間はなかなかいないですよ。

夢に挑戦していく気合をビンビンと感じます。

こんなん見たら僕も燃えちゃうなぁ。

映画や小説のお話じゃないんですよ!これは現実の話です。

今まさにこの世界で映画や小説の主人公と同じように、夢に向かってがむしゃらに突き進んでいる人間がいる。

すばらしいことだと思いませんか?

彼のこれまでの人生のストーリーは多くの人を励まし、生きていくうえでのヒントを与えるものだと思います。

是非、夢を叶え元気な子供のようなプロスケートボーダーになって多くの人に感動と希望を与えてほしいです。

この「夢を応援するブログ」では彼の夢を引き続き応援していきます。

みなさんもそうたさんを応援、よろしくお願いします。

 

そうたさんはtwitterとYOUTUBEで活動報告をされています。下記リンクよりそうたさんをフォロー、応援よろしくお願いします。

【そうたさんのtwitter】

【そうたさんのYOUTUBEチャンネル】