クリエイター

プロ漫画家になることが夢の宮下つぐとさんにインタビュー

どーも。トシーゾです。

今回はプロ漫画家になることが夢の宮下つぐとさんにインタビューしました。

一般的な漫画の画風とは一風変わった、絵画のような作品をインスタグラムで掲載されています。

それではインタビュー記事をどうぞ。

宮下つぐとさんにインタビュー

1.自己紹介

トシーゾ
トシーゾ
では自己紹介をお願いします。
宮下つぐとさん
宮下つぐとさん
はじめまして、宮下つぐとと言います。
1コマずつ漫画を描いてInstagramに載せています。
トシーゾ
トシーゾ
宮下さんの作品はオシャレで独特な色使いですが、以前からこういう絵を描かれていたのでしょうか?
宮下つぐとさん
宮下つぐとさん
漫画はふわっとした優しい色合いや線を意識して描いているのですが、もともとは全く違った雰囲気の絵を描いていました。

小さな頃から絵は描いていて、油絵や水彩画、ペンなどアナログな絵ばかり描いていました。

トシーゾ
トシーゾ
いろいろな方法で描かれていたんですね。
漫画を描くようになったのは最近になってからですか?
宮下つぐとさん
宮下つぐとさん
はい、最近描き始めました。
描き始めてちょうど1ヶ月くらいです。
トシーゾ
トシーゾ
ではInstagramで投稿するようになってからぐらいですかね。
漫画を描いてみようと思ったのには何かキッカケはありましたか?
宮下つぐとさん
宮下つぐとさん

そうですね、漫画を描き始めた日からInstagramを始めました。

幼い頃の夢はなんとなく漫画家になる事でした。
それは漫画でお金を稼ぐとか現実的な夢ではなく漫画が好きだから、絵が好きだから漫画を描いて見たいという思いだったと思います。

大人になった今でも絵は描き続けていますが今まで一度も漫画を描いたことはありませんでした。
なので突然なのですが、描いてみようと思ったのです。

トシーゾ
トシーゾ
なるほど。今後はプロ漫画家になりたいのでしょうか?
宮下つぐとさん
宮下つぐとさん
そうですね、純粋になりたいとは思います笑
それは大人になった私の夢だと思います。
宮下つぐとさんのinstagramより

2.宮下つぐとさんの生い立ち

トシーゾ
トシーゾ
いいですね!是非なっていただきたいです!
宮下さんは油彩や水彩もされていたということですが、絵について学校などで教育を受けられていたのでしょうか?
宮下つぐとさん
宮下つぐとさん
ありがとうございます、頑張ります。

はい、小さい頃は絵画教室に通わせてもらっていました。
本格的にデッサンや油彩を始めたのは15歳の時に美術の専門の高校に通い始めた時からです。

トシーゾ
トシーゾ
色の使い方やデザイン的なセンスが本格的がしましたが、美術の学校に通われてたのですね。

子供の頃はどのような絵を描いていましたか?

宮下つぐとさん
宮下つぐとさん
ありがとうございます。

子供の頃は本当に好き勝手に描いていました。落書きって感じです。
動物や空、見たアニメやキャラクター。
カラフルにしたいけど、好きな色の絵の具やクレヨンが減るのも悲しい…
そんな事を思いながら描いていました。

トシーゾ
トシーゾ
クレヨンが減るのが悲しい!微妙な子供心ですね!
宮下つぐとさん
宮下つぐとさん
大人になった今だとまた買えば…と思いますよね。
トシーゾ
トシーゾ
子供の頃だとまた親に買ってもらわなくちゃいけないですからね。
その後中学生のころも絵を描いていたのでしょうか?
宮下つぐとさん
宮下つぐとさん
中学生の時は描いていなかったと思います。
わたしの中で家族や学校、友達など色々ぶつかる事が多く、絵からも離れていました。
トシーゾ
トシーゾ
そうだったんですね。
中学生って人生の中でも1番多感なころですからね。
絵を離れていたのに高校は美術の学校を選ばれたのは何故でしょうか?
宮下つぐとさん
宮下つぐとさん
そうですね。

当時の私はやりたい事や高校にも行きたくなかったんです。
中学がとても厳しかったのもありました。
そんな時に母が小さい頃から絵を描いていたので勧めてくれて…
でも一番の決め手は校則がなかった事です笑

トシーゾ
トシーゾ
なるほど。校則は重要ですね笑
高校生活はどうでしたか?
宮下つぐとさん
宮下つぐとさん
高校生活は大変なことも多かったのですがとても楽しかったです!
とても自由でした。校則も無いし、制服も無いので、他に通ってる人も個性的で楽しかったです。
授業の半分以上は美術の時間でした。
宮下つぐとさんのinstagramより
トシーゾ
トシーゾ
授業の半分が美術ですか。本格的ですね。高校生活で思い出に残っていることはありますか?
宮下つぐとさん
宮下つぐとさん
そうですね、普通の学校なら週一とかなんですかね?
学年が上がるにつれてどんどん増えるので卒業間近はほとんど美術の時間でした。
そうですね、やっぱり友達との思い出でしょうか…。

みんな個性的な人が多くイベントに積極的でした。
制服もなかったので、ハロウィンなどは仮装して授業を受けたり、夏は浴衣を着てなどもしてました。

トシーゾ
トシーゾ
思ってた以上に自由ですね!
なんか楽しそうです。
高校卒業後の進路はどのような道に進まれたのでしょうか?
宮下つぐとさん
宮下つぐとさん

はい、一番楽しい時だったと思います。

卒業後は高校と同じ学校の大学部へ進みました。

トシーゾ
トシーゾ
では大学でも美術系を専攻していたのですか?
宮下つぐとさん
宮下つぐとさん
はい、そうです。
トシーゾ
トシーゾ
高校や大学ではどういったものを制作していましたか?
宮下つぐとさん
宮下つぐとさん
高校生の時は幅広く色々なことをしていました。
デッサン、油絵、版画、立体作品、陶器や金属加工なんかもしていました。

卒業後はデッサンや油彩、版画などの平面的なものを専攻していました。

トシーゾ
トシーゾ
高校も大学も芸術方面ですから、かなり本格的ですね。
大学生活はどうでしたか?
宮下つぐとさん
宮下つぐとさん
そうですね。
大学生活も高校とはそんな変わらず絵を描いて、遊んでというような普通の学生生活でした。
トシーゾ
トシーゾ
大学生活も楽しそうです。
当時はどのような方向性の作品を作られていましたか?
宮下つぐとさん
宮下つぐとさん
当時は人物画と少し抽象が混ざったような絵を描いていました。
コンペとかに出していたので大きい絵が多かったです。
トシーゾ
トシーゾ
大学ですから当たり前ですが、アートですねぇ。
人物画と抽象の混ざった絵ですか。

今の漫画の絵は抽象画ではありませんが、なんとなく方向性的に似通ったものを感じます。

大学卒業後はどのような道に進まれたのでしょうか?

宮下つぐとさん
宮下つぐとさん
漫画ですが敢えて建物やドアなど具体的に描かないようにしています。
抽象的にした方が見てくれた方の想像が膨らむかな?と思って描いています。

大学卒業後も変わらず絵を描き続る生活でした。

トシーゾ
トシーゾ
なるほど。確かに言われてみれば窓枠なども抽象的です。抽象度が絶妙で違和感が無かったのでお聞きするまでは気がつきませんでした。

宮下さんのおっしゃるように、抽象的に描くことによって、読者が想像した場面を漫画の場面に当てはめるよう促す効果があるように思います。

卒業後も絵を描かれていたということはイラストレーターか画家になられたのでしょうか?

宮下つぐとさん
宮下つぐとさん
そうですね、見た方が自分の学校や親しみのある風景などを意識せずに思い出して当てはめてくれたらなと思っています。

大学卒業後は画家やデザインの活動を行いながら美術系に関する仕事などをしました。

宮下つぐとさんのinstagramより

3.今後と読者へのメッセージ

トシーゾ
トシーゾ
ずっと絵を描き続けてらしたんですね。

今後プロ漫画家になりたいとのことでしたが、どのような漫画家になりたいですか?

宮下つぐとさん
宮下つぐとさん
毎日一コマ一コマ更新しているっていうのも大きいですが、一コマで吹き出しやセリフが消えた時に1枚の絵として成り立つように描きたいと思っています。

皆さんの思う漫画と漫画家とは少し違うかもしれませんが、私なりの絵やお話を描いていけたらなと思っています。

トシーゾ
トシーゾ
そうですね。既存の漫画とは手法がかなり異なりますし、また同じである必要はないと思います。

宮下さんの漫画は漫画の新しい道を切り開いています。

今後さらに宮下さんの世界観が世の中に広がっていくよう、僕も応援させていただきます!

では最後にブログ読者にメッセージをお願いします。

宮下つぐとさん
宮下つぐとさん
ありがとうございます。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

私は漫画家になりたい!と一言で言えるような大きな夢の持ち主ではありませんでした。なので遠回りをして今頑張っているところです。
周りの人の応援がとても励みになっています。

夢を諦めなきゃいけない時もあるかもしれませんが、いつでも夢はまた追えると思っています。

周りに夢がある人がいたら応援してあげてください。
私も応援しています!

トシーゾさんもこんな機会を与えていただきとても感謝しています。
ありがとうございました!

宮下つぐとさんのinstagramより

インタビュー後の感想

以上、宮下つぐとさんでした。

宮下つぐとさんの漫画は1コマ1コマが1つの作品として世界観を持っていて、その世界観に引き込まれます。

物語は静かに進行していきますが、宮下つぐとさんの表現技法もあってか、主人公の微妙な心情までもが絵の中に流れているかのようです。

画力はプロレベル(というか実際プロ)ですし、漫画でも間違いなく即戦力クラスなんじゃないですかね。

画風的に紙媒体にも向いていると思います。

大人の絵本的な感じで、良い紙使ってフルカラーで書籍化、とかもアリなんじゃないかと!

宮下つぐとさんステキな作品はinstagramで見ることができます。

【宮下つぐとさんのinstagram】

その爽やかでどこか物憂げな世界観にあなたもハマること間違いなしですよ!

この「夢を応援するブログ」で宮下つぐとさんのプロ漫画家になるという夢を今後も応援していきます。

あなたもご一緒に、応援よろしくお願いします!

宮下つぐとさんのinstagramより