クリエイター

【漫画家】青年誌連載を目指している中永圭信さんにインタビュー

今回はモータースポーツ(フォーミュラカー)の漫画で青年誌の連載を目指している中永圭信さんにインタビューしました。

中永圭信さんにインタビュー

中永圭信さん
トシーゾ
トシーゾ
では自己紹介をお願いします。
中永圭信さん
中永圭信さん
中永圭信です。

出身地は福井県です。現在は東京で漫画作品のアシスタントをしています。

夢は青年誌でモータースポーツの漫画を連載することです。

好きな漫画はNARUTO、Capeta、リクドウ、ZETMAN、バクマンです。

趣味は洋楽を聴くこと、サイクリング、モータースポーツ観戦、コーヒーを淹れて飲むことです。

よろしくお願いします。

トシーゾ
トシーゾ
よろしくお願いします。

中永さんはいつごろから漫画を描き始めたのでしょうか?

小学生~高校卒業まで

中永圭信さん
中永圭信さん
イラストなどを描き始めたのは小学校4年生からです。図工の授業で描いた絵が金賞を受賞したのがキッカケでした。

中学校3年の時に初めて訪れたジャンプフェスタにて、その場に展示されていた名だたる先生方の生原稿を目にし、さらに、その周りにいる身動きが取れなくなるほど数多くのお客さんが押し寄せていたこともあり、すべての人々をくぎ付けにする魅力が漫画家の力にはあるのだと感銘を受け、憧れ、いつか自分の作品がここに展示されることを夢見て漫画家を志すことを意識し始めました。

今でもあの光景は忘れもしません。衝撃的でした。

ただこの当時はまだ本気で漫画家は目指してはおらず、建築家になりたいと思っていました。

トシーゾ
トシーゾ
中学生の時は建築家を目指していたんですね。

それがなぜ、漫画家を目指すようになったのでしょうか?

中永圭信さん
中永圭信さん
高校生の時の2人の友人からの影響が大きいです。
トシーゾ
トシーゾ
どのような友人だったのでしょうか?
中永圭信さん
中永圭信さん
一人はF1やロードバイク、洋楽などを教えてくれた友人です。

高校入学当初、教室で自己紹介がありまして、そこで自分がF1が好きだと発言をしたところ、その友人から声をかけられ、同じF1好きと言うことで意気投合しました。

彼もまた根っからのモータースポーツファンであり、特にF1についてその当時興味を持ち始めて間もないのであまり詳しい情報を僕は知らなかったのですが、その友人から伝説のF1ドライバーであるアイルトン・セナや彼の絶対的ライバルのアラン・プロスト、今や誰もが一度は聞いたことがあるであろう皇帝ミハエル・シューマッハなど歴史に残るドライバーの名前やレースの基礎や知識を教えてもらいました。

そして度々週末に開催されるグランプリの情報共有もしましたね。

本当にF1にどハマリでした。

 

トシーゾ
トシーゾ
モータースポーツに興味を持たれたのはその友人の影響だったんですね。

もう一人はどのような友人だったのでしょうか?

中永圭信さん
中永圭信さん
高校3年生時に同じ美術コースで仲良くなった友人です。

その友人は美大志望だったのですが、漫画も好きで会話する機会が多くあり、その中でよく休み時間の間に僕がコピックで描いた今見ると本当にまだまだ拙いと思うアナログイラストを彼に見せていました。

あの頃は自分の絵が上手い、下手かどうかも判別出来ないほど実力不足で、正確さを失った人物のデッサン、適当に陰影をも意識せずコピックで思うがままに塗りたぐったカラー、今見ると自分で恥ずかしくなる出来のイラストでも彼の評価は意外にも好感触で、前向きな気持ちにしてくれました。

そして高校最後の文化祭が開かれた時、また彼と漫画について長い時間話していたのですが、そこで気持ちも高まって自分が漫画家を目指していると告げたところ特に躊躇する事も無く応援してくれました。

ここでさらに拍車をかけるように漫画家への意識は加速していきました。その後、右も左もわからない状態で人生始めて漫画原稿を描く作業では、彼に背景制作などの手伝いをしてもらいました。

今思い返しても本当に特別な時間でした。今でもその原稿は残っています。

 

トシーゾ
トシーゾ
大きな出会いだったようですね。
中永圭信さん
中永圭信さん
そうですね。この2人の友人と出会っていなければ漫画家を目指していないと思います。

高校卒業後

トシーゾ
トシーゾ
人生を変える出会いというのもあるものですねぇ。

高校卒業後はどのような進路だったのでしょうか?

中永圭信さん
中永圭信さん
親に「漫画家になりたい。」と話したところ、「就職しなさい。」と言われました。

でも反対されても漫画家を目指したいと思い、高校卒業後は専門学校の漫画コースに2年通いました。

トシーゾ
トシーゾ
本格的に漫画家への道を歩み始めたんですね。
中永圭信さん
中永圭信さん
はい。専門学校に通うようになってから週刊少年誌に持ち込みを行うようになりました。

3作目を持ち込んだ時に「今はやりの絵ではないし、キャラクターにも共感が得られない。あきらめたほうがいい。」と言われ心が折れてしまい、しばらくネームしかかけませんでした。

トシーゾ
トシーゾ
それはキツイですねぇ。
中永圭信さん
中永圭信さん
今にして思えば的確な話だったと思うんですけど当時はキツかったですね。
トシーゾ
トシーゾ
専門学校卒業後はどうされていたのでしょう?
中永圭信さん
中永圭信さん
卒業後はより漫画業界、実際に活躍されているプロの現場の空気感を知る、そしてより自らの実力を高めるためという目的を含め、漫画アシスタント募集に応募する用のアピール出来る背景カットを数点描いていました。

卒業後数か月してアシスタントの仕事を始めることができました。

トシーゾ
トシーゾ
アシスタントの仕事ってどうですか?

相当大変ですよね?

中永圭信さん
中永圭信さん
現在は週3でアシスタントの仕事をしています。

アシスタントの仕事は朝10時から日が明けて3時くらいまでです。

仕事が終わってそのまま寝て起きて、また仕事をする感じですね。

アシスタントを始めた当初はそれほどでもないのですが、続けるにつれて求められるレベルもどんどんと上がっていき、自分の力量以上のものを求められるようになってきます。

描いた背景などのリテイク(やり直し)は先生の判断になります。

まだアシスタントを始めて1年目の頃はこのリテイクになると精神的にもへこむ部分はありましたが、より良いものを描いてやろうと言う気持ちを込めてむしろ燃え上がるように描いていました。

しかしここで自分に実力は無いと自己否定を始めその挙句に仕事場を辞めてしまっても成長することは当然ですがありません。

確かに今でも納得のいかない出来になってしまう事は多々あります。しかし、一度心が折れそうになっても再び立ち上がれるよう屈しない心があればさらなる成長を遂げ、それを実感出来ると思います。継続は力なりです。

トシーゾ
トシーゾ
かなり大変そうですねえ。アシスタントのお仕事をその調子でやって、休みの日に自分の漫画を描くわけですからね。
中永圭信さん
中永圭信さん
そうですね。

でも先生はもっと大変です。連載中は休む時間なんてないですね。

今後の目標とアシスタントを目指す人へアドバイス

トシーゾ
トシーゾ
やっぱり漫画家の先生ってそんな感じなんですね。

そんな大変な世界であるとわかっていても、漫画家を目指されるんですね。

中永圭信さん
中永圭信さん
はい。やりたいことは漫画以外にないですから。
トシーゾ
トシーゾ
先ほどのお話で、しばらくはネームしか描けなかったとのことでしたが、現在は原稿を描かれてますか?
中永圭信さん
中永圭信さん
SNSで僕のイラストを見た出版社の方から声をかけられて、それがキッカケでまた原稿を執筆するようになりました。
トシーゾ
トシーゾ
それは嬉しいですね。

当初のお話で夢は「青年誌で漫画を連載すること」ということでしたが、なぜ「青年誌」で連載したいのでしょうか?

中永圭信さん
中永圭信さん
少年誌では表現できないモータースポーツの世界を青年誌なら表現できると思ったからです。

常に命掛けの危険と隣り合わせな時速300kmを超えた限界以上のレースバトル。

情熱的なドライバー同士の荒々しい闘いや、日本だけではない国際的な部分、外国人特有の性格や趣味思考、文化、戦略も描きたいのですが、それを踏まえるとやはり少年誌向けの内容ではないと感じました。

トシーゾ
トシーゾ
モータースポーツを描くことへの想いは?
中永圭信さん
中永圭信さん
モータースポーツファン含め、1度もレースを見たことが無い、または、全くもって興味が無いと言う方々にも読んでもらえるように僕は試行錯誤を重ね作品作りに励んでいきたいです。
トシーゾ
トシーゾ

では最後に中永さんのアシスタントの経験から、これからアシスタントへ目指す方へアドバイスをお願します。

中永圭信さん
中永圭信さん
背景やアイテム、モブを描くときは何も見ずに描くよりは、ネットなどで調べた資料を見ながら描くと、よりディティールも再現できるし、リアリティも増します。

プライベートで街や観光地へ出かけた際は、その場にいる通行人や観光客の何気ない動きや、日照時間によって異なる建物や自然物の影のつき方など、あらゆる風景を写真で撮っておくと後々資料として背景に使えるのでオススメです。

限られた短い時間の中で要望に応えるべく、自分の腑に落ちる、商業誌に相応しい作画をするためには、途轍もない程の経験が必要になってくると思います。

自分もまだ完璧な作画が出来るかと言われるとそれは難しいし、まだまだ経験不足です。

いざ、、アシスタントになれば、心身ともにキツイ時もあるかと思いますが、それでもあきらめないで続けていただければと思います。

インタビューを終えて

以上、中永圭信さんのインタビューでした。

漫画家やアシスタントのお仕事はつくづく過酷ですね。

単純に「好き」なだけで続けていける仕事ではないように思います。

中永さんのお話を伺い、それは「覚悟」のようなものであると感じました。

漫画を趣味で描いている段階であれば楽しめるだけの量を描けばいいですが、連載となると時間、プレッシャー、体力など、あらゆる面で常に限界まで仕事をしている方がほとんどでしょうからね。

中永さんの漫画に対する姿勢からも、この「覚悟」が感じられます。

素晴らしい友人たちや青年誌の編集の方との出会いが、漫画に対する「覚悟」を中永さんにもたらしたように思います。

この「出会い」の大切さを今回のインタビューを通してあらためて感じました。

そしてSNSも出会いの一つです。

中永さんが気になったかたは是非フォローしてみて下さい。中永さんから良い刺激が得られると思いますよ。

【中永佳信さんのtwitter】

この「DREAMS 夢を応援するブログ」では今後も中永圭信さんの「青年誌でモータースポーツの漫画を連載する」という夢を応援していきます。

【中永佳信さんのinstagram】